施工実例ギャラリー

新築実例

リフォーム

太陽光発電実例

新築実例 [積和の木の家]

薪ストーブのある山小屋に暮らす
Data Review  
■エリア:長野県小県郡青木村
■W:12.74m×D:7.28m
■床面積:
1階床面積/83.91m2
延床面積/83.91m2(約25.38坪)
■ご家族構成:5人
■工法:木造軸組構法
■工期:約3.5ヶ月
□施工:積和建設信州株式会社
山小屋風の外観と、薪ストーブのある家に暮らす。それが、大工をされているご主人が、夢に描いていた「男の浪漫」です。今回、息子さんのご家族と週末を過ごすために別荘の建て替えを計画。それを機に、ご主人の夢が実現しました。
薪ストーブのある山小屋に暮らす。
薪ストーブのある山小屋に暮らす。

子ども部屋はじめ各部屋
美しい山々の眺めを楽しむ
開放感のあるLDK

お嫁さんのご意見も取り入れ、キッチンのカラーは明るく可愛らしいサーモンピンクを採用。また、ペニンシュラ型※にすることで開放感あふれるLDKになりました。
リビングには、周辺の山々の素晴らしい景色を眺められるよう、コーナーサッシを取り入れています。
※キッチンの一部または全部が壁から半島(ペニンシュラ)状に突き出たレイアウト。

薪ストーブのある山小屋に暮らす
サッシから外部へは、お手製のウッドデッキが広がります。夏場の陽射し対策にパーゴラ※も設置され、リビングガーデンのような空間になっています。
※藤棚のように、軒先や庭に設ける木材などで組んだ棚。
子ども部屋はじめ各部屋

冬でもTシャツ1枚で過ごせるほどあたたかい薪ストーブ
材料の薪は、ご主人が所有されている近くの山から調達。薪割りもお手の物です。長野の寒い冬も、薪ストーブのパワーでLDKはぽかぽか。しかも壁や天井のウレタン断熱材を、施工現場で充填するブローイング工法を採用することにより、隅々までしっかり断熱材が入り、あたたかさが逃げにくい高気密な住まいになっています。
薪ストーブで手作りピザ
週末やって来る初孫の夕那ちゃんに、薪ストーブで手作りピザを焼いて振る舞うのもご主人の楽しみです。

大きな屋根に太陽光パネルが載る、山小屋風の外観
外観はご主人が「男のロマン」とおっしゃる山小屋風。でも、太陽光発電による省エネ対策もしっかりとされています。効率的に発電できるよう屋根勾配を6寸勾配にし、大屋根風に工夫されています。
また、室内には大きな屋根を利用したロフトを設け、息子さんご家族が泊まれるスペースを確保されています。
子ども部屋はじめ各部屋

担当者コメント