施工実例ギャラリー

新築実例

リフォーム

太陽光発電実例

リフォーム実例 [古民家]

古民家のぬくもりを大切に受け継ぐ家

●リフォームポイント
■内装
■外装
■設備
■太陽光発電
■構造補強

Reform Data

リフォームレビュー

■エリア:茨城県常陸太田市
■築年数:約125年
■ご家族構成:2人
■工期:約5ヶ月
□施工:積和建設北関東株式会社
愛着を持って暮らされている古民家が、リフォームで装いも新たに息を吹き返しました。お二人の喜びが笑顔にあらわれているようです。
愛着を持って暮らされている古民家が、リフォームで装いも新たに息を吹き返しました。

屋根、外壁をはじめ、外観を美しくリフレッシュ。

震災の影響で、柱が折れるなどの被害を受けてしまったお住まい。それでも、愛着ゆえに「壊すのがもったいない」。別の業者には、建て替えを薦められたことも。耐震診断のノウハウを持つ積和建設のスタッフの、「リフォームできますよ」の言葉が頼もしかったと、奥様は当時を思い出されます。

震災の影響で、柱が折れるなどの被害を受けてしまったお住まい。

屋根、外壁を強度補強とともにリフレッシュ。よみがえる、美しい佇まい。

完成イメージなどを見ながら、ご納得のできるカタチをかなえた外観デザイン。シックな色使いで、精悍な印象です。 シックな色使いで、精悍な印象
完成イメージなどを見ながら、ご納得のできるカタチをかなえた外観デザイン
施主様のひとこと「完成時の姿が想像しづらかったのですが、ご担当の方が丁寧に完成イメージ図やご説明をしてくださったので、安心してお願いすることができました。」 住みながら、補強しながら、寒さと余震に備えながらの工事となりました。

吹き抜けの玄関土間は、モダンな雰囲気に。

吹き抜けの玄関土間の開放感をそのままにリフレッシュ。インテリアのテイストは木のぬくもりを感じられる、優しい雰囲気で仕上げています。 以前は、窓として利用していたものを、室内で再利用。新旧がうまく調和しました。 インテリアのテイストは木のぬくもりを感じられる、優しい雰囲気で仕上げています
吹き抜けの玄関土間の開放感をそのままにリフレッシュ
住みながらのリフォーム 施主様のひとこと「住みながらのリフォームということもあり、また、愛着のあるわが家ですのでじっとしていられず、わたしも孫のヘルメットを借りて、自らお手伝いさせて頂きました。お手伝いした分、完成時の喜びはひとしおです。

ゆったりとした広縁も、美しさをとりもどしました。

リフォーム前から使っていた松とケヤキの床材には愛着があるので丁寧に取り外し、再利用。奥様が米糠を使って、心を込めて磨き上げた分、美しく輝いています。
断熱材も入れて、しっかりとした床となりました。
欄間や建具など、プロの方が見ると大変珍しく、貴重な建材が使用されている 施主様のひとこと「この住まいには欄間や建具などプロの方が見ると大変珍しく、貴重な建材が使用されているので「是非譲ってほしい」と言われた事もありました。もちろん代々暮らしてきた大切なわが家の一部です方丁寧にお断りしましたよ(笑)」
リフォーム前から使っていた松とケヤキの床材

随所を見直して、補強&性能アップしました。

担当の営業スタッフは、古民家リフォームのエキスパート。
耐震診断の豊富な経験を生かして問題のある箇所を洗い出し、適切な処置を施しました。

リフォーム前から使っていた松とケヤキの床材 耐震診断の豊富な経験を生かして問題のある箇所を洗い出し、適切な処置を施しました。
室内壁の断熱性向上
断熱材を充填して性能をアップ。
快適性や暖房効率も向上しました。
建物の隅柱の補強
傷んでいた土台は除去。新たな基礎を作り、柱も強化。
従来のデザインをできるだけ変えずに、強度を高めました。

リフォームと新築には、大きく2つの違いがあると言います。ひとつは、長年暮らした愛着を持たれているということ、もうひとつは、住みながらの工事である、ということです。この度のリフォームでは、奥様が職人から古民家ならではの魅力を聞き「素人には分からないことが多くて勉強になりました」(奥様)と話されるなど、その交流を楽しんでおられることが印象的でした。
リフォームならではの感動や驚きを、職人の技と住まい手のご夫婦で一緒に創り上げられたように感じます。
この度は、ありがとうございました。