Enjoy Garden Planning| 「5本の樹」計画|地域の樹々や花、鳥たちとともに。 わが家の庭が、自然とひとつになっていく。|「5本の樹」とは、鳥や蝶たちのよろこぶ樹々を選んで植え、 わが家の庭を自然の一部として考える庭づくり。ふるさとの風景・里山をお手本にして、各地の気候風土に調和した日本の在来種にこだわりました。住まいの中に小さな自然をつくりひとつの生態系を描くことで、自然にも寄与していくことができます。積和建設は、積水ハウスグループとして、この「5本の樹」計画をすすめています。

地域の気候に合わせて樹種を選びます。

地域の気候に合わせて樹種を選びます。緑を植えさえすれば、鳥や蝶が集まって来る、というわけではありません。積和建設では、「5本の樹」の庭づくりにあたって、緑の質にこだわっています。まずは、各地の気候風土に適した樹木を日本の原種や在来種の中から選りすぐり、次に呼びたい生きものによっても植栽のプランは変わってきます。さて、わが家の庭には誰を招待しましょうか?


地域の気候に合わせて樹種を選びます。

  • page top

3本は鳥のために、2本は蝶のために。

3本は鳥のために、2本は蝶のために。生きものを育む樹木を植えるのに加え、更に生きものが喜ぶ庭づくりをしましょう。巣箱やエサ台のある水辺なら、多くの鳥が庭を訪問します。石積みや落ち葉があると小さな生きものたちのすみ家となります。多くの生きものが庭を舞台に生き生きとした姿を見せてくれるでしょう。


  • page top

里山ネットワークを広げていきます

里山ネットワークを広げていきます「5本の樹」計画による庭づくりで、広くても、狭くても1本の樹からでも、自然と語り合う日々を始めることができます。
庭の1本の樹木は、緑の1点に過ぎないかもしれませんが、点が線になり面になる『里山ネットワーク』を多くの方と作りたいと思っています。
我が家の庭が、地域の生態系を守る出発点となるのです。
積和建設は、これからも1つ1つの庭づくりを、大切に考え、続けていきます。


  • page top