積水ハウスグループとして“健康で豊かな暮らし”と“省エネで快適な暮らし”の両立を目指します。

2020年の住まいを、
いま実現できる積和の木の家。

NET ZERO ENERGY HOUSE

ZEH(ゼッチ)とはNet Zero Energy Houseの略称であり、省エネと創エネを組み合わせることで、一次エネルギー消費量が正味でゼロとなる住まいです。

長期優良住宅への対応はもちろん、ご要望に応じて、ひとクラス上の安心をお届けします。

耐震性

信頼の金物で接合部分を強化

高強度のSマーク認定金物により、構造材を連結。
耐震等級2相当で確かな安全を確保します。

※プランにより耐震等級3にも対応可能。
※一部エリアでは金物仕様が異なります。

プレカット集成材+金物接合工法(プレセッターSU)

躯体と基礎をがっちり接合

地震の横揺れで建物が基礎から引き抜かれることがないよう、計算に基づき信頼性の高い金物を採用しています。

プレセッター柱脚金物(コーナー)

ダンパーによる先進の制震システム

ダンパーによる先進の制震システムも、オプションでご用意。ダンパー内の特殊高減衰ゴムが伸び縮みすることで、地震エネルギーを熱エネルギーへ変換して吸収し、地震による建物の変形を防ぎます。

筋交いタイプのTRC-30ダンバー

ダンバーが熱エネルギーに変換

耐久性/断熱性

外壁の通気工法で壁体内の湿気を放出

壁体内に室内外からの湿気が入り込むと、壁内に結露やカビが発生して建物の耐久性を著しく低下させ、室内環境も不衛生な状態となります。積和建設では壁体内の湿気を外部に放出する「外壁の通気構法」を採用しています。

外壁通気工法

メンテナンスも軽減する
美しいシーリングレス外壁

戸建住宅の外壁によく使われているサイディングには、その継ぎ目をふさぐ弾力性のある材料=シーリングが使われます。このシーリングを使わないシーリングレス工法の外壁が今注目されており、美しい外観をつくるだけでなく、シーリング目地の汚れや経年劣化のリスクも減少します。

フラット接合部の拡大

シーリングレスにより、
外壁がメンテナンス工事なしで20年保証※

※10年点検時に延長保証の必須メンテナンス工事をしていただくことが条件です。

断熱性能

アルミ樹脂複合サッシ+Low-E複層ガラスで
窓にも高い断熱性を実現

「夏は涼しく、冬は暖かく」を基本に、適材適所の遮熱・断熱対策を行い、断熱等性能等級4(平成28年基準6地域仕様)を標準仕様でクリア。家中の温度ムラが小さくなるため、急激な温度差によるヒートショックから家族を守ります。
さらに、熱伝導率がアルミより大幅に低い樹脂部材をサッシの室内側に使い、高い防露性を実現。

アルミ樹脂複合サッシ

Low-E複層ガラス

世界トップクラスの断熱性能を誇る
トリプルガラス樹脂サッシも対応可能

トリプルガラス樹脂サッシ

省令準耐火構造

火災の燃え広がりを抑える省令準耐火構造

万一、火災が発生しても燃え広がりを抑え、被害を最小限にとどめる省令準耐火構造。省令準耐火構造の住宅は、住宅火災保険料が一般の木造住宅より約40〜60%もお得になります。

日本木造住宅産業協会の省令準耐火構造特記仕様書(木住協仕様)を使うことによりあらわし柱・梁が可能となります。

省令準耐火構造の特徴