1. ホーム
  2. リフォーム・リノベーション
  3. 施工事例
  4. 築60年の古民家の良さは残しつつ寒さや段差を解消し、快適にリフォーム

築60年の古民家の良さは残しつつ
寒さや段差を解消し、快適にリフォーム

青空に映える白い外装のリノベーション済み賃貸マンションの写真

断熱性向上と屋根の軽量化を実現

築60年の古民家は、昔ながらの構造で、トイレやお風呂などの水回りも屋外にあり、冬の寒さと段差の多さ、土葺き瓦の重さによる耐震性が問題でした。そのため、外張の断熱材を入れ、窓は二重ガラスの断熱サッシに替えて、断熱性を大きく向上。段差をなくした床には全面床暖房を施しています。屋根は葺き替えて軽量化を実現、外壁はトラバーチン柄の吹付け仕上げで、吹き付後になでて落とすことで風合いを出しています。玄関の位置を変え、道路側へ広げたため、並びに壁を新設して外見上の変化をつけ、断熱性の向上もはかりました。以前より高い位置から軒を深く出すことによって、玄関扉の位置とのバランスを整えています。

DATA

用途 専用住宅
リフォーム面積 147.37㎡
構造規模 木造平屋建
工期 約6ヵ月
工事概要 全面改修
築年数 約60年
家族構成 2人
設計・施工 積和建設近畿株式会社
外観
before
外壁面が色褪せ、痛みも目立つ状態
矢印右 矢印下
after
外壁面の塗装・修復後、くっきりとした印象
before
外壁面が色褪せ、痛みも目立つ状態
矢印右 矢印下
after
外壁面の塗装・修復後、くっきりとした印象
before
外壁面が色褪せ、痛みも目立つ状態
矢印右 矢印下
after
外壁面の塗装・修復後、くっきりとした印象

before

Type A リノベーション前 バルコニーに面した二面の掃き出し窓
Type A リノベーション前 結露した窓
Type B リノベーション前 LDKと和室が仕切られ別室になっている状態
Type A リノベーション前 バルコニーに面した二面の掃き出し窓
Type A リノベーション前 結露した窓
Type B リノベーション前 LDKと和室が仕切られ別室になっている状態

after

床には、床暖房対応の無垢材を使用。玄関の位置を変えたために新設された室内の通り土間から、既存の仏間へ部屋を通らず直接上がれるようになっています(写真①)。キッチンは廊下側の入口の他、窓側も通路を設け、ダイニングとの出入りがスムーズになるよう工夫(写真②)、キッチンとは別に奥様の家事室も新設しました。屋外にあったバス・トイレも室内へ。バスルームは広く、ジェットバスも備えられています。お施主様こだわりのシアタールームには、一部塗り壁を使用、ヒバ系の無垢材を厚く使用した土間への両面格子戸、LDKと一体感をもたらす4枚扉など、建具はすべて職人の手による特注品です(写真③④)。収納はオリジナルデザインの造作。照明は、お施主様のご希望でダウンライト中心、間接照明も多用したデザインとしました。既存の大黒柱をあえて見せる部分も作り、家の歴史も感じられるようになっています。

広くなり、段差もゆるやかになった玄関ホール
①部屋を通ることなく仏間へ上がってもらえる通り土間
②ダイニングとの通路も設けたカウンターキッチン
③重厚な格子戸を開くと外光が入るシアタールーム
④4枚扉を開けるとダイニングとの一体感が生まれる
仏間は柱、差し鴨居、天井はそのままに、内壁はジュラク塗壁、障子、畳を新調しました。

GALLERY