積和の木の家-Rough a Lough-


基本性能

積水ハウスグループで培われた品質と技術で、
安心して暮らす。快適に過ごす。これが積和の木の家です。

安全性能

【信頼の金物工法】
信頼のSマーク認定金物でつなぎ部分を強化する金物工法を採用。スリットとボルト穴のみの加工に抑えて、本来木が持つ強さをフルに活かすことができます。

信頼のSマーク認定金物


【安心の集成材】
構造材に、JAS基準をクリアした安心の集成材を使用。強度も高く、品質も安定しています。
経年変化により割れや反り、乾燥収縮が起こりやすい無垢材に比べ、集成材は強度も高く、安定しています。
高精度な構造材を確保するため、プレートの取り付け、構造体の加工は、現場ではなく工場でコンピュータ管理により実施。
また、現場では加工された構造材を組み立てるだけなので、正確でスピーディーに施工できます。

構造材に、JAS基準をクリアした安心の集成材を使用


【暮らしを守る耐震性能】
住宅性能表示制度※1の「耐震等級2」が標準仕様※2
建築基準法の1.25倍の強さで、地震の揺れから暮らしを守ります。
強度実験によっても検証された優れた耐震性。
Sマーク認定金物を採用した強靭な接合部が、あらゆる方向からの力に抵抗し、高い耐震性を発揮します。

住宅性能表示制度の「耐震等級2」が標準仕様


ダンパーによる先進の制震システムも、オプションでご用意。ダンパー内の特殊高減衰ゴムが伸び縮みすることで、地震エネルギーを熱エネルギーへ変換して吸収し、地震による建物の変形を防ぎます。 ダンパーによる先進の制震システム

※1:住宅性能表示制度は、質のよい住宅を安心して取得できるようにするためにつくられた住宅品質確保法に基づく制度です。
詳しくは国土交通省のHPをご覧下さい。
※2:プラン等により、等級1となる場合もあります。また、等級3へのグレードアップも可能です。


快適性能

【高い断熱性能】
断熱材仕様の例「夏は涼しく、冬は暖かく」という考え方を基本に、適材適所の遮熱・断熱対策をしっかり行い、「次世代省エネルギー基準」(住宅性能表示制度の省エネルギー対策「等級4」相当)を標準仕様でクリア※3
家中の温度ムラが小さくなるため、急激な温度差によるヒートショックから家族を守ります。
省エネルギー基準の地域区分/省エネルギー基準に対応した住宅性能表示制度の省エネ等級
窓にも高い断熱性能を確保。
熱が逃げたり、入り込んだりする、窓の断熱にもこだわって室内を快適にします。
窓にも高い断熱性能を確保
省エネルギー対策「等級4」

※3:プラン等により、次世代省エネルギー基準に適合しない場合もあります。
※4:仕様例であり、お客様のご要望をふまえて仕様をご提案します。