「したくなる」リフォームを実現するための3つのRe:QUESTテーマ

テーマ 1ライフステージに応じた住空間の再構築

子どもの成長、家族構成の変化に応じて住まいに求められるものは変化していきます。特に、子どもたちが親元を離れ、夫婦二人になってからは、それぞれの時間を大切にしながら共に快適に過ごすための空間を再構築することが必要かもしれません。ご家族のライフステージに応じた暮らし方に合わせて、間取りや空間のあり方をご提案します。

夫婦2人でソファに座っています。

テーマ 2住空間の変化によるライフスタイルの再編

ライフステージの変化に伴い、ライフスタイルも変化していきます。時の流れとともにインテリアの好みなど嗜好が変化することもあれば、一方で技術が進化し優れた設備機器やインテリア部材が登場することもあります。その時々の最新を取り入れながら、いつでも今が快適で、あなたらしいライフスタイルを実現するリフォーム&リノベーションをお届けします。

明るいリビングの壁面に絵画を飾る女性がいます。

テーマ 3住まい手にとっての価値の再生・再創造

歳月を経て住まいが古くなるのは当然のこと。とはいえ、手を加えながら暮らすことで愛着が増し、住む人にとっての価値は高まるものです。また、倉庫だった建物を借家として再生するなど、価値を転換するリノベーション(コンバージョン)にも注目が集まっています。今の住まい手の愛着が増し、次世代へと住み継がれていく、価値のあるリフォーム&リノベーションを目指します。

古民家の半分開いた障子窓の側に、一輪挿しの花瓶に花が活けてあります。

「したくなる」リフォームを確かな技術と信頼でバックアップします。

リフォームやリノベーションの際に問題なのは、どこに相談・依頼するかということです。積和建設の「リ・クエスト」は事前診断からプランニング、お見積り、施工、アフターサポートに至るまでをトータルにパッケージング。積水ハウスグループの施工を担ってきた確かな実績と住まいづくりのノウハウを「リ・クエスト」に結集しました。

積和建設のスタッフが事前診断をしている風景のイラスト
3つの事前診断

① 水廻り等部分リフォームに伴う現地診断
専任のリフォームディレクターがご要望いただいた設備機器等が設置可能かどうかを現地にお伺いして確認します。サイズ確認だけでなく、上下水道やガスの配管、電気の配線などの状況も確認し、どういう工事が必要かをチェックして、ご報告します。

② 住まい全体をチェックする住宅診断
住宅診断(ホームインスペクション)は屋根、壁、基礎等の状況を目視で確認し、住宅の傷み具合や老朽化の度合いをチェックするものです。積和建設では建築士、又は建築施工管理技士の資格を持ったホームインスペクターが住宅診断を行い報告書を提出します。

③ 強度や耐震性をチェックする耐震診断
住宅診断だけではわからない住まいの耐震性を一般財団法人日本建築防災協会認定の耐震診断プログラムを使用して診断を行います。昭和56年(1981年)6月以前に着工された建物は大地震に対して耐震性が不足している可能性があるため一度耐震診断をお勧めします。

男性女性のお二人と積和建設のスタッフが無料プランニングをしている風景のイラスト
無料プランニング・無料見積

リ・クエストは事前診断をもとにお客さまのご要望をお伺いしながら無料プランニングを行い、無料でお見積りをいたします。どんな工事が必要でいくら費用が掛かるかということをわかりやすくご説明することで、ご納得いただけるリフォームこそ信頼のベースになると考えています。

大きな窓があるリビングに白いソファが置いてある風景のイラスト
インテリアサポート

心地よい空間へとリフォームするためには家具や照明なども大切です。リ・クエストは一戸建てやマンションのリノベーションはもとより、LDKの改装工事などの際にも、ご要望に応じてインテリアコーディネーターが内装・建具、家具、カーテン、照明などのご相談を承ります。

男性女性のお二人と積和建設のスタッフがリフォームのチェックをしている風景のイラスト
施工品質

リ・クエストの特長の一つは工期が明確なこと。そして木造、鉄骨造、RC造などの構造を問わずリフォームに対応。それは数多くの家づくりの現場で培われた実績に基づくものです。また、現場周辺の養生の徹底、工事中の近隣の皆様に対する配慮にも十分注意をはらいます。

積和建設のスタッフがアフターサポートにお邪魔した玄関口のイラスト
アフターサポート

リフォーム工事完了後には新しい設備機器の使い方や内装のお手入れ方法などをわかりやすくご説明します。リフォーム後も定期的にお客様のお宅を訪問。設備機器等の点検だけでなく、使ってみて感じた疑問点やメンテナンス等に対するご質問やご相談にもお答えいたします。